FC2ブログ
 

ご挨拶

羽山実紗と申します。
初めての異常は中学3年生。思秋期不安症候群のようなことを言われました。その後の経験はコチラに。
同じような症状で苦しむ方の参考になれば幸いです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

月別アーカイブ

 現在の・・・・ 

2014年04月15日 -16:18:41-

昨日、パニック発作が起きた。

初めて発作が起きてから、もう33年。


勿論、初めての発作は思春期の不安定で未熟な心が原因って言われた。
でもね、その頃って、精神面での医学が未発達だったんだから、正常な診断なんてできなかった。

今でも、精神科医の育成は十分と思えないし、投薬だけでOKと思っている医師も多い。
だから初期に適切な治療を施されていれば治るケースでも、不適切な投薬で悪化するケースがあとを絶たない。

精神科での投薬治療を開始してから、私の場合は既に20年以上が経過している。
それでも、症状は一向に良くならないし、クスリは限度を超える量が処方されるものだから、自分で減らしていって、担当医にバレたら
「じゃあ、クスリの量を減らしても大丈夫ですね」
って・・・・
医師は明確な根拠無くして過剰な投薬を行っていたことを暗に認めた形になった。

それでも、私のクスリは減らない。
発作が起きてしまうから、減らすことができない。

このまま、一生、精神科通いは続くのだろうか。
このまま、一生、薬の服用は続くのだろうか。


もう、嫌だ。
疲れた。

外で発作が起こることを恐れて、私は外出ができない。
家から出ることが恐怖なのだ。
引きこもって、発作に怯える毎日を送っているのに、安倍政権は配偶者控除を廃止しようとしている。

病気で働けない主婦もいるのだということを、全く配慮してくれない。
私は家族の足枷になっている。
家族に迷惑を掛けたくない。

だったら・・・・・・・・・・・・・

自らこの世を去るしかないのだろうか。

どうせ引きこもるしか無くて人生を楽しむこともできないなら・・・
働くこともできなくて、家族の負担になるだけの人生なら・・・・


スポンサーサイト

 薬が減ったわけ(減薬) 

2012年09月17日 -00:29:50-
昨年の8月、薬剤師の先生から減薬についてのアドバイスを頂いた。

当時の私はパキシルが1日5錠、メイラックスが5錠、ワイパックスが10ミリで4錠、その他にもいろいろあり、頓服にソラナックスと、多めの薬が処方されていた。
薬剤師の先生は
「10月ころからこれをこのくらいに減量して・・・」
と、細かくアドバイスしてくださった。
でもその薬剤師さんとは、受信日が合わずにあまり話ができなかった。
その後、私自身の体調もあり、薬剤師さんの言うとおりの減量(偶然だったけど)をすることになった。

久しぶりに受診したクリニックでは、それまでの服用を説明して、
・パキシル2錠
・ワイパックス2錠
・頓服にソラナックス1錠
に、変えてもらった。

体調はすこぶる良い。
薬が多かった時よりも体が軽い。
薬剤師の先生にも
「薬が減ってからの方が体調イイでしょ?」
って言われた。
そのとおりだった。

精神科の先生は薬を多く出す方が多いという話も聞くけれど、それに疑問を抱いたのなら、薬剤師さんや他の医師に相談してみることも大切なのだと思う。
難しいけれど、最近はネットでもいろいろと相談できるコミュニティがあるようなので、参考にしてみるといいと思う。

私は以前にかかっていた先生が信用できなくて、今の先生に移って10年。そして薬剤師さんにいろいろと教えてもらってようやく光明が見えてきた状態である。

自分が「精神的な病ではないのか!?」と疑って20年。
やっと「治るかもしれない」と思えた今日この頃である。

 またクスリが増えた・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン 

2011年07月20日 -12:02:54-
私が精神的におかしくなって、救急車で運ばれたのは、中三の夏だった。
吹奏楽の大会を翌日に

 現在のくすり 

2010年11月17日 -09:01:14-
一日の量
・デプロメール 150mg
・パキシル    50mg
・シュプレース   8mg
・ワイパックス   1.5mg
あと、胃薬





copyright ©2010 病む女(ティータイム~パニック障害と付き合う) all rights reserved.
Powered by FC2 Blog
Template:Hayama Misa

動作確認・閲覧推奨環境:GC+FF/WinXP/1024x768↑
safariとかMacでの閲覧では不具合あるかもm(_ _)m

フリーエリア